ジョブ・カード制度

2008年4月よりスタートした「ジョブ・カード制度」の普及促進と中小企業の人材確保支援を目的に静岡商工会議所に『静岡県地域ジョブ・カードセンター』を開所し、6月から本格的に事業を開始した。

本事業は、日本商工会議所が中央ジョブ・カードセンターとして委託を受け、静岡県下をカバーする団体として、静岡商工会議所が地域ジョブ・カードセンターとして再委託を受けるものである。また、西部地域を浜松商工会議所、東部地域を沼津商工会議所と富士商工会議所が地域ジョブ・カードサポートセンターとして業務をおこなっている。

ジョブ・カード制度は、誰でもどこでも職業能力の形成に参加でき、自らの能力を発揮できる社会の実現を目指して平成20年度からスタートした。政府では今後5年間で、カード取得者100万人、訓練修了者40万人を見込んでいる。

 

制度概要

ジョブ・カード制度は、正社員経験の少ない求職者、子育て終了後の女性、母子家庭の母親など就職困難者に対して、実践的な職業訓練機会を提供し、本人の経歴などとともに、その訓練履修内容を「ジョブ・カード」と称する経歴書に記載し、就職活動の促進を図るものです。

利用者(求職者)は、まずハローワーク等で就職に向けたコンサルティングを受け、自らの職務経歴や職業訓練セミナー等の受講履歴、各種の検定資格取得などの情報をジョブ・カードにまとめて記載してもらう。コンサルティングの結果、さらに企業の職業訓練を受けることが適当と判断したら、受け入れ企業とのマッチングを行い、3~6ヶ月の雇用契約を結んで、各企業の職業訓練を受ける運びとなる。

訓練実施終了後には、受け入れ企業からの評価シートの提出を受け、正式採用、もしくは、ジョブ・カードを活用して、改めて就職活動に臨むことになる。

ジョブ・カードセンター及びジョブ・カードサポートセンターは、上記の流れの中で、企業の実習訓練にあたり、受け入れ企業の開拓を進めるとともに、各企業での訓練計画や評価シートの作成などを支援していく。就職支援だけでなく、期間を定めた訓練機会を通じて、雇用のミスマッチ解消を促進し、企業ニーズに合った人材確保に役立てていく。

 

受け入れ企業のメリット

① 自社で行う訓練を通じて、雇用のミスマッチを解消し、自社のニーズに合った人材の確保につなげることができる。

② 専門家のアドバイスを受けた訓練計画の策定や訓練の実施が可能。

③ 国の助成制度を活用することにより、新規雇用に伴う初期訓練に係る経費の軽減を図ることができる。

④ 現在雇用しているアルバイトやパート、派遣社員などを正社員として採用するために活用できる。

 

問い合わせ先

ジョブ・カードサポートセンター(沼津商工会議所内) 石原・小林

TEL 055-921-1000  FAX 055-921-1105

商工会議所案内

大瀬館

大瀬館全景2.jpg

12年12月26日

大瀬崎の旅館、大瀬館の紹介です...詳しく見る

しあわせカイロプラクティックセンター

IMG_5958.JPG

12年01月10日

杉崎町の治療院、しあわせカイロプラクティックセンターさんのご...詳しく見る

牛兵衛

2011120920070000.jpg

12年01月10日

沼津市大手町の焼き肉居酒屋「牛兵衛」さんのご紹介です。...詳しく見る

会員企業広告

総合資格学院 植松 TOP ワコーファイナンスグループ バナー広告募集

地域を支える中小企業の良きパートナー

rss